FC2ブログ

ガンプラノ前奏詩

主に特に上手いわけでもない製作したガンプラをアップしていく。筆塗りと吹き付け塗装を使い分けて塗装、合わせ目消しなどはしたりしなかったり。下手くそなりに細々とやっていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

シナンジュ

シナンジュ

型式番号:MSN-06S
主な武装:
60mmバルカン砲
ビームサーベル
ビームソードアックス
グレネードランチャー
ビームライフル
ロケットバズーカ
シールド
特殊フレーム:サイコフレーム
特殊機能:インテンション・オートマチック・システム

主な登場作品:機動戦士ガンダムUC


ネオ・ジオン残党「袖付き」の試作MS。
第二次ネオ・ジオン抗争終結後、サイコフレーム技術の研究用にアナハイム・エレクトロニクス社が開発した機体である。
サイコフレームはMSの基礎骨格であるムーバブル・フレームの一部に使用されており、パイロットの感応波を部分的に伝達することで非常に優れた機体の追従性を実現している。
この稼動レスポンスの高さに加えて背面には大型スラスターを2基搭載しており、その機動性能は一般的なMSを遥かに凌ぐ。
搭載された兵装はビームライフルやビームサーベルなどスタンダードなものではあるが、高い技術力によって開発された装備であることに変わりはなく、本機の有する機動性能とあいまって絶大な戦闘能力を発揮する。
ファンネルなどの直接的な武装としてのサイコミュ兵装は持たないが、ニュータイプパイロットの思考波をMS内部のサイコフレームに感受させ、パイロットの脳内操縦イメージを機体の挙動へダイレクトに反映させるサイコミュ思考操縦システム「インテンション・オートマチック・システム」を搭載しており、MS単体の機体制動・追従性・機動性を極限にまで突き詰めて設計されており、通常の手動操作を凌駕する反応速度と動作精度を誇る。
U.C.0094年にアナハイムからネオ・ジオン残党組織「袖付き」によって強奪された(実際は強奪に偽装した譲渡である)本機は、その最高司令官である「フル・フロンタル」の搭乗機となった。
その後は連邦軍との戦闘に用いられ、赤く塗装された機体と、その機動性から「赤い彗星」の再来として畏怖されると同時に、求心力の低下した組織の士気を高揚させた。
そしてU.C.0096年に「ラプラスの箱」なるものをめぐり、地球連邦軍ロンド・ベル隊の所属艦「ネェル・アーガマ」との戦闘に使用され、多数のMSを瞬く間に撃破する圧倒的な力を見せ付けている。
なお、この機体で検証されたサイコフレームによる追従性の向上や強度などのデータを基にして「ユニコーンガンダム」が開発されている。

スポンサーサイト

ガンダムシリーズ MS・MA・戦艦図鑑 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ギラ・ズール | ホーム | νガンダム>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。