FC2ブログ

ガンプラノ前奏詩

主に特に上手いわけでもない製作したガンプラをアップしていく。筆塗りと吹き付け塗装を使い分けて塗装、合わせ目消しなどはしたりしなかったり。下手くそなりに細々とやっていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ギラ・ズール

ギラ・ズール

型式番号:AMS-129
主な武装:
ビーム・マシンガン
ビーム・ホーク
ハンド・グレネード
シュツルム・ファウスト
ビーム・ガトリングガン
ランゲ・ブルーノ砲・改
シールド

主な登場作品:機動戦士ガンダムUC


ネオ・ジオン残党「袖付き」の量産型MS。
シャアの反乱と呼ばれる第二次ネオ・ジオン戦争終結後、アナハイム・エレクトロニクス社が完成させた機体である。
元々はシャア・アズナブル率いる新生ネオ・ジオンと地球連邦軍の抗争が長期化したした際に、ギラ・ドーガに代わる主力機となるべく開発が行われていたMSであり、その発展強化更新型にあたる機体特性を持つ。
当時開発中であった機体は「シャアの反乱」の終結に伴って生産中止となったが、先立って生産と運用が行われたギラ・ドーガから得られたノウハウと、技術改良による細かな性能向上が蓄積されたことによって生産性や整備性は当初の試算よりも向上しており、機体の改造や機能の強化拡張が比較的容易となっているなど優れたポテンシャルを有している。
この利便性の高さもあって、非常に扱いやすくバランスの取れた性質を持つほか、外観も求心力が低下した組織の士気向上のため、意図的に「ザク」タイプに近いオーソドックスなジオン系のスタイルにまとめられた。
本機は「袖付き」と呼ばれるネオ・ジオン残党の蜂起に合わせてプロパガンダと主戦力、両面での必要性が生じたためジオン再興のシンボルとして開発が再開され、完成後は袖付きの主力機として運用された。
なお、手首や胸部には「袖付き」と呼ばれる由来となったマーキングやエングレービングが施されており、これらは運用される部隊や搭乗者、従事する任務によって異なる。


親衛隊機

主な武装:
ビーム・マシンガン
ビーム・ホーク
ハンド・グレネード
シュツルム・ファウスト
ビーム・ガトリングガン
ランゲ・ブルーノ砲・改
フレキシブルシールド

カラーリングは通常機と同様だが、フル・フロンタルの搭乗するMS「シナンジュ」の機動性能に合わせて連携を取る必要があるため、通常機と比較して推力が大きく向上された。
また、左右の肩部は専用設計の大型スパイクアーマーに換装されており、取り外された固定式シールドに代わってギラ・ドーガの同タイプのフレキシブルシールドを装備する。
本機は、フル・フロンタル直属の親衛隊機として主に地球連邦軍との戦闘で運用が行われた。
なお、手首や胸部のマーキングやエングレービングは親衛隊所属機を示すため、通常機より広範囲のものが施されている。


スポンサーサイト

ガンダムシリーズ MS・MA・戦艦図鑑 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゼー・ズール | ホーム | シナンジュ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。