FC2ブログ

ガンプラノ前奏詩

主に特に上手いわけでもない製作したガンプラをアップしていく。筆塗りと吹き付け塗装を使い分けて塗装、合わせ目消しなどはしたりしなかったり。下手くそなりに細々とやっていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

バンシィ

バンシィ

型式番号:RX-0
主な武装:
60mmバルカン砲
ビーム・サーベル
ビーム・マグナム(小説版)
ハイパー・バズーカ(小説版)
シールド(小説版)
アームド・アーマーBS
アームド・アーマーVN
特殊フレーム:フル・サイコフレーム
特殊機能:NT-Dシステム

主な登場作品:機動戦士ガンダムUC


連邦軍の試作MS。
第二次ネオ・ジオン戦争終結後、連邦宇宙軍再編計画のひとつ「UC計画」の象徴的存在として、連邦からの委託を受けたアナハイム・エレクトロニクス社が極秘開発した機体である。
ごく一部の機体が採用していたサイコフレーム技術が実験的なものであったのに対して、この機体は基礎骨格にあたるムーバブル・フレームに置き換えた「フル・サイコフレーム」として搭載しており、既存のMSとは比較にならないほどの機体追従性を獲得している。
この機体はユニコーンガンダム2号機にあたり1号機に先行して地球での重力下稼動試験を行っていたことでその綿密な調整作業を受けており1号機と比べ高い完成度を誇る。
また、1号機で得られた空間機動データが反映されているため、大気圏内での機動性は1号機を上回る。
さらに武装面においても、専用増加サイコフレーム装備「アームド・アーマー」を装着することで継戦能力を始めとした戦闘力の向上を果たすなど、「UC計画」本来の目的を完遂するための純然たる「ユニコーンガンダム」と呼べる機体となった。
一角の幻獣の名を与えられながらも純白の外観を持つ1号機とは相反して黒と金の機体色に包まれたこの機体は、死を宣告する妖精の名「バンシィ」こそ相応しいと言えるかもしれない。
強化人間として再調整が行われた「マリーダ・クルス(プルトゥエルブ)」の搭乗機として戦線に投入され、民間人の少年「バナージ・リンクス」が搭乗する「ユニコーンガンダム」と激闘を繰り広げた。


デストロイモード

主な武装:
60mmバルカン砲
ビーム・サーベル
ビーム・トンファー
ビーム・マグナム(小説版)
ハイパー・バズーカ(小説版)
シールド(小説版)
アームド・アーマーBS
アームド・アーマーVN


バンシィが「NT-D」と呼ばれるシステムを発動した状態。
内部フレームの拡張によって機体の体形そのものが変貌しており、それに合わせてスライドした装甲の繋ぎ目から開放されたサイコフレームの露出によって「ユニコーンモード」と呼称される状態とは大きく異なる外観を持つ。
機体の能力も機動性能を中心にあらゆる面で向上しているほか、機体全身に組み込まれたサイコフレームがパイロットの感応波を読み取り、機体を思考によって直接稼動させることが可能となっているため、MSとしてのレスポンスは極限まで高められていると言って過言ではない。
しかし、その反面パイロットにかかるGの負担は極めて大きく、サイコミュが脳に与える危険性も合わせてこの状態での稼動は約5分前後が限界とされている。
1号機と大きく違うのは、黄金色に輝くサイコフレームと機体頭部にある複数の角を合わせたような形状のマルチ・ブレードアンテナで、その黄金の鬣にも見える形状は百獣の王「獅子」を想起させ、さらに専用増加サイコフレーム装備「アームド・アーマー」を展開することでサイコフレームの強靭性を利用した超振動破砕兵器「アームド・アーマーVN」の獣の爪を模した特異な形状と、その圧倒的な破壊力はバンシィを「獅子」へと近付ける。

スポンサーサイト

ガンダムシリーズ MS・MA・戦艦図鑑 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<バンシィ・ノルン | ホーム | フルアーマー・ユニコーンガンダム>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。